ミャンマー国軍、総選挙の有権者名簿に450万人分のミスがあったと指摘

【政治】 2021121

 ミャンマー国軍は、2020年11月8日に行われた総選挙の有権者名簿に450万人分のミスがあったと指摘した。MYANMAR TIMESが伝えた。

 国軍の発表によると、2020年12月23日から2021年1月10日までミャンマー全国330郡のうち195郡で調査を行ったところ、有権者名簿に4,558,831人分のミスが発見されたという。連邦選挙管理委員会は12月30日、国軍が指摘している有権者名簿は選挙に実際に...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

初回に限り7日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium21022

最新記事一覧