ミャンマー初の信用調査会社が稼働開始

【企業】【経済】 2021106

 ミャンマーで初となる信用調査会社が設立され、稼働を開始したことが明らかになった。7Day Dailyが伝えた。

 稼働を開始したこの調査機関はミャンマー・クレジット・ビューロー(MMCB)で、ミャンマー中央銀行から事業ライセンスの交付を受け、事業を開始したもの。同社はシンガポール株式市場に上場したクレジット・ビューロー・アジアの子会社であるNSPアジア・インベストメントと、ミャンマー銀行協会の会員銀行が設立したMBインベストメントの合弁で、両者の持ち株比率は40%:60%。

 MMCBのゾー・リン・アウン社長は「信用調査会社の発足は、融資をする側の金融機関と融資を受ける利用者双方にメリットをもたらし、経済の発展に寄与することができる」とコメントした。

Premium21022

最新記事一覧