無許可で血液検査を実施の縫製工場に禁止命令 

【社会】 20201021

 無許可で新型コロナウイルス血液検査を実施していた縫製工場に対し、保健局が立入検査を行い禁止命令が出されたことがわかった。MYANMAR TIMESが伝えた。

 保健局の発表によると、無許可で血液検査を行っていたのはヤンゴン市郊外ラインターヤー郡区、シュエタンルイン工業団地内のサイポン縫製工場(従業員1,700人)。工場の経営者が保健・スポーツ省の許可や医療関係者の指導なしで自主的に検査を行っていたという。検査方法...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧