ミャンマー西部のラカイン州全域にセミロックダウンの措置

【新型コロナ】【社会】 2020903

 ミャンマー西部のラカイン州全域にセミロックダウン(外出自粛措置)が発令されたことがわかった。保健・スポーツ省が発表したものを7Day Dailyが伝えた。

 これによると、セミロックダウンはラカイン州で新型コロナウイルスの市中感染が拡大していることを受けたもので、8月27日から適用される。政府関係省庁、役所、会社への通勤、生活必需品の買い物、通院以外の不要不急の外出を禁止し、外出の際はマスク着用を義務付けた。また、郡を越えて移動する場合は地区管理委員会の許可を必要とした。

 ラカイン州では8月16日に初めての市中感染者が確認され、8月20日にシットウェ市に、8月25日にはチャウピュー、アン、タウンゴゥ、タンドゥエにセミロックダウンの命令が出されていた。

Premium2207-a

最新記事一覧