農民救済のため世界銀行がミャンマーに2億米ドルを融資

【社会】【経済】 2020703

 世界銀行は6月27日、ミャンマーに2億米ドルの融資を実施と発表した。7Day Dailyが伝えたもので、融資は農民の作付けのための貸付、農産物の増産、農産物の流通の円滑化、マーケッティング、海外から帰国した出稼ぎ労働者の農業分野への雇用促進、栽培技術の向上、適正な肥料の使用に関する教育、農業従事者向け電子決済の普及事業などに使用されるという。

 新型コロナウイルスの感染拡大による経済停滞が今後3か月から6か月続けば、農業従事者のうち新たに200万人から400万人が貧困に陥ると世界銀行が推測している。

 ミャンマー総人口の70%が農業分野に従事しているが、世界銀行の融資により恩恵を受けられるのは56万人と見積もられている。

Premium2007

最新記事一覧