太陽光発電計画の入札、応札期限が1か月延長に

【政治】【経済】 2020623

 電力・エネルギー省は、太陽光発電計画の入札に関し、応札期限を当初の6月18日から7月17日に1か月延長した。7Day Dailyが伝えた。

 入札は5月18日に開始され、締め切りが6月18日となっていたが、新型コロナウイルスが世界的に感染拡大している中、1か月の準備期間では短すぎるとして欧州商工会議所、米国商工会議所などから入札期限を延長するようミャンマー政府に要請していた。このプロジェクトは、現在行われている地方農村電化プロジェクトの小規模太陽光発電とは異なり、発電された電力が...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り70日間完全無料・いつでも解約可能)

70th

最新記事一覧