汚職のタニンダーリ管区元首相に対して懲役30年の判決

【政治】【社会】 2020527

 汚職の疑いで逮捕されていたタニンダーリ管区の元首相レ・レ・モー被告に対する裁判が5月22日に行われ、懲役30年の実刑判決が下った。7Day Dailyが伝えたもの。

 判決文によると、レ・レ・モー被告はダウェー空港の雑木林や雑草を取り除く作業に身内の企業に高額で受注させた件、自宅の周りを塀で囲む作業を国庫から支出させた件、GGS社が電力供給事業を受注した際、同社から金品を得ていた件、自宅をGGS社に購入させ、公共事業落札の際に便宜を図った件など4件が汚職防止法第55条に違反していることが明白となった。懲役30年の重刑が与えられた。

 また、GGS社の社長、取締役、部長に対しても、禁固5年~10年の実刑判決が下されたことも明らかになった。

70th

最新記事一覧