マンダレー市内でレストラン、喫茶店の営業を許可

【ローカル】【社会】 2020527

 マンダレー市内で、レストランや喫茶店の営業が条件付きで許可されたことがわかった。イェー・ルイン市長が発表したものを7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、規則を守らなかった場合は1回目に注意勧告を行い、2回目は罰金、3回目は営業停止処分とするという。規則では、利用客は着席中もマスクを着用すること、1テーブルに5人を超えて着席しないこと、などが含まれている。

 イェー・ルイン市長は「保健・スポーツ省が定めた保健衛生上の規則を遵守するなら、5月21日からレストランや喫茶店に対して店内での営業を許可する。店が守るべきこと、店員が守るべきこと、客が守るべきこと、特に重要な保健衛生上の規則などすべての規則を守るのであれば営業が可能となる。保健所の担当者が巡回して立会検査を実施し、規則に合致していれば正式に許可を出す」とコメントした。

70th

最新記事一覧