外国人の株取引、3月20日から解禁へ

【マーケット】【経済】 2020318

 ミャンマー証券取引監督委員会は、外国人による株取引が3月20日から解禁されると発表した。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、株取引ができる外国人は居住者、非居住者を問わないが、現地通貨建ての取引口座を開設しなければならない。新会社法の規定に従い、外国人は35%を上限に株式の購入が可能となるが、上場5社は発行株式の何パーセントまで外国人に売却するのかを事前にヤンゴン証券取引所に届け出たうえで、ミ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

premium_ad

最新記事一覧