中国国家開発銀行がミャンマー国際航空に航空機2機をリース

【経済】 2020221

 中国国家開発銀行(China Development Bank)が、ミャンマー国際航空(MAI)に対してブラジルのエンブラエル(Embraer)社の航空機2機をリースする契約を締結したことがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 ミャンマー国際航空の発表によると、リースされたのはエンブラエル社のE190型航空機2機で、8月からミャンマー国内線(ヤンゴン~マンダレー間)および国際線に投入される予定となっている。

 ミャンマー国際航空は現在、エアバスA319型機3機、A320型機1機を保有し、国際線では中国、台湾、タイ、シンガポール、インド、韓国の路線を運航している。

center_bn_premium

最新記事一覧