外国人や実業家が経営するギャンブル施設の摘発は困難、ヤンゴン管区議会で議員が指摘

【社会】 2020124

 1月14日に行われたヤンゴン管区議会の会議で、外国人やクロニ(政府取り巻きの実業家ら)が経営しているギャンブル施設を摘発するのは困難だと議員が指摘した。The Daily Elevenが伝えた。

 指摘したのは、ランマドー郡区選出のエー・エー・マー議員で「彼らは子どもたちが対象のプレイランド(遊戯施設)として営業ライ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower_Ad1912

最新記事一覧