国際司法裁判所が23日に仮処分決定か

【国際】 2020122

 ロヒンギャに対するジェノサイド(民族大量虐殺)があったとして、ミャンマー政府が国際司法裁判所(ICJ)に提訴された件で、仮処分の決定が23日にも発表される見通しであることがわかった。ミャンマーを提訴したガンビア政府司法省が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 2019年12月10日から12日まで行われた国際司法裁判所における公聴会では、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が出廷し、ジェノサイドの疑惑を全面的に否定している。

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧