ミャンマー全国に野良犬が400万匹、狂犬病の死者も減らず

【社会】 2020109

 ミャンマー全国に野良犬が400万匹以上棲息しており、狂犬病による死者数も減っていないことがわかった。保健・スポーツ省が発表したもので、The Daily Elevenが伝えた。

 保健・スポーツ省のミィン・トゥエー大臣は「2016年度から2018年度まで狂犬病の予防注射のために150億Ksを国庫から支出した。ミャンマー全国に野良犬が400万匹以上いて、毎月1万人以上が野良犬にかまれている。狂犬病による死者数も減っていない」とコメントした。

路上駐車車両の脇で昼寝をする野良犬。狂犬病は発症したらほぼ100%で死亡するため、普段から注意が必要だ。

center_bn_premium

最新記事一覧