特定技能労働者の手数料が1,500米ドルと設定

【政治】【社会】 2020108

 日本で特定技能労働者として働く場合、海外労働者派遣会社(送り出し機関)に対して労働者本人が支払う手数料が、最大1,500米ドルに設定されたことがわかった。労働・入国管理・人口統計省が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、1,500米ドルの内訳はデマンドレター提出、ビザ、翻訳、公証役場認証、DHL送料として200米ドル、日本派遣後、労働者のアフターケア経...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧