ミャウー古代遺跡を世界遺産に、原案をユネスコに提出

【ローカル】【観光】 20191007

 ミャンマー政府は、ラカイン州のミャウー古代遺跡をユネスコの世界遺産に登録するため、提案書原案を9月24日に提出したことが明らかになった。文化・宗教省、古代文化・遺跡局が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 同局のテイン・ルイン副総局長は「提案書の原案をオンラインで提出し、さらに在フランスミャンマー大使館からも書面で提出した。原案が受理されるか...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧