タイのSCGが第2四半期で1,150億Ksの売上

【企業】【経済】 2019823

 タイに拠点を置くサイアム・セメント・グループ(SCG)は、ミャンマーにおける第2四半期の業績を発表した。同社の記者発表をThe Voiceが伝えたもので、3か月間に1,150億Ksの売上を記録したことが明らかになった。

 同社によると、今年1月1日から6月末までの半期の売上が2,180億Ks、4月1日から6月末までの第2四半期の売上が1,150億Ksで、前年より7%増加したという。一方、アセアン全体での第2四半期の売上は1兆3,500億Ksで前年より7%減少している。

 サイアム・セメント・グループ(SCG)は、1913年に国策会社として発足。タイ王室が筆頭株主として30%を出資し、王室に関係のある「象」をトレードマークとしている。華僑が経済の実権を握っているタイでは珍しい地場資本の財閥で、主な事業はセメント、建材、石油化学、紙パルプ。ミャンマーではセメントメーカーとして有名な企業となっている。

center_bn_premium

最新記事一覧