縫製工場経営者が暴力団を使ってスト中労働者を排除

【ローカル】【社会】 2019711

 ヤンゴン管区ラインターヤー工業団地にある縫製工場で、経営者がストライキ中の労働者グループに対して暴力団を使って排除する事件が起きたことがわかった。The Voiceが伝えた。

 労働者側が7月1日に記者会見を行い発表したもので、これによると、労働者側は工場内の福利厚生の改善を求めて6月27日からストライキを開始。これに対し経営者側は暴力団を使っ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧