ミャンマーの古都・バガンの世界遺産登録が決定

【経済】【観光】 2019708

 ユネスコの世界遺産にミャンマー中部の古都バガンが登録されることが決定した。

 アゼルバイジャンの首都バクーで6月30日から開催されていた第43回ユネスコの世界遺産委員会において7月6日、「バガンの考古地域と記念建造物群」を世界遺産として登録することが決定した。バガンの世界遺産登録を目指し軍事政権時代の1995年に申請したが失敗に...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧