EU向けの米輸出は長粒種から中粒種に変更

【国際】【経済】 2019625

 欧州連合(EU)が2019年6月1日からミャンマー米の輸入に対して特恵関税(GSP)の対象から除外したため、輸出する米の種類を長粒種から中粒種に変更して輸出していることがわかった。経済・貿易省、貿易促進局のミョー・トゥー局長が発表したもので、The Voiceが伝えた。

 同局長は「特恵関税の適用が除外されたのは長粒種の米だけで、中粒種の米や砕米についてはこれまで通り特恵関税が適用されている...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧