日新電機がティラワ経済特区に生産工場を建設

【企業】【経済】 2019605

 住友グループ傘下の日新電機がティラワ経済特区に生産工場を建設することがわかった。7Day Daily紙が伝えた。

 同社の発表によると、半導体製造装置などの産業用装置や部品の生産工程の一部をタイやベトナムの生産拠点からミャンマーに移し、生産コストを削減する。同社にとってタイ、ベトナムに次ぐ第三の生産拠点となる。

 6月にも現地法人となる日新エレクトリック・ミャンマーを日新電機タイ株式会社(55%)、日新本社(40%)、細田ホールディングス株式会社(5%)と合弁で設立し、1億2千万円を投じて生産設備を導入する方針。2020年に工場を稼働する計画で、電気部品、建築用鋼材、電力機器などの生産も行う予定となっている。

center_bn_premium

最新記事一覧