米国の支援でマラリア発生数が大幅に減少

【社会】 2019522

 米国政府の支援により、ミャンマー国内のマラリア発生数が大幅に減少していることがわかった。在ミャンマー米国大使館のスコット・マーシャル大使の発表をThe Voice紙が伝えた。

 発表によると、2012年にオバマ大統領によるマラリア撲滅計画(PMI)が開始され、当時ミャンマーでのマラリア新規...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧