ヤンゴン市郊外に香港・台湾連合が工業団地を開発へ

【経済】 2019501

 ヤンゴン市郊外のタンダビン郡において香港と台湾の企業連合(コンソーシアム)が5億米ドルを投じて近代的な工業団地を開発することがわかった。ヤンゴン管区政府の発表を7Day Daily紙が伝えたもので、これによると、同コンソーシアムはタンダビン郡内で1,000エーカーの土地を利用し9年をかけ工業団地を造成、開発する。5月10日から開催される「第2回ヤンゴン管区投資フォーラム」においてヤンゴン管区政府と覚書(MOU)を締結する。

 ヤンゴン市開発委員会のマウン・マウン・...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧