資源・環境保護省の高官が汚職で逮捕される

【政治】 2019415

 資源・環境保護省傘下、第2鉱山開発公社の高官が、汚職撲滅委員会(ACC)の摘発により逮捕されたことがわかった。The Voice紙が伝えた。

 ACCの発表によると、逮捕されたのは同公社のタン・ダイン総局長。調べによると、2014年にある業者に対し、同氏が所有するネピドー市内の土地の整地費用320万Ks、2016年の水かけ祭りの際、ガパリビーチへの家族旅行の費用420万Ksなどを肩代わりさせた疑いがもたれている。これらは業者からの通報により明らかになったもので、同氏は権力や地位を不当に利用した優越的地位の濫用により処分される見込み。

center_bn_premium

最新記事一覧