韓国出稼ぎ労働に必須の韓国語能力試験が中止に

【社会】 2019410

 韓国への出稼ぎ労働に必須の韓国語能力試験(EPS-TOPIK)が、今年度は中止になったことがわかった。政府系海外労働者派遣会社の発表を7Day Daily紙が伝えた。

 同社によると、韓国政府から今年度のミャンマー人労働者の受入れ枠の発表があり、製造業に500人、農業に1,000人と設定された。これに対し、韓国出稼ぎを希望する者(男性のみ)が40,000人以上あるため、ミャンマー政府から韓国政府に受入れ枠の拡大を要請したが拒否されたという。昨年度に行われた試...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧