縫製製品の輸出が急増、昨年比9億米ドル増

【経済】 2019403

 経済・貿易省は、縫製製品の輸出が急増し、昨年より9億米ドル増加していると発表した。7Day Daily紙が伝えた。

 同省のキン・マウン・ルイン次官補の発表によると、2018年度の約5か月(2018年10月1日から2019年3月25日)の縫製製品の輸出額は約21億米ドルで、前年の同時期より9億米ドル上回り、約2倍に急伸しているという。

 同次官補は「欧州がミャンマーからの縫製製品に対して一般特恵関税制度(GSP)を適用しているため、欧州向けの輸出が急増している。ミャンマーには縫製業界で働いている労働者が50万人いるが、生産される70%は欧州向けの製品だ」とコメントした。

 縫製製品の輸出が好調なため、同時期の貿易赤字は昨年より10億米ドル減少しており、ドル安チャット高の要因にもなっていると考えられる。

center_bn_premium

最新記事一覧