中国雲南省政府が密輸取締り強化、農産物の輸出が激減

【ローカル】【経済】 2019311

 中国雲南省政府がミャンマーからの密輸品の取締りを強化しているため、農産物の輸出が激減していることがわかった。7Day Daily紙が伝えた。

 同政府は2月25日から3月15日までを密輸取締り強化期間として設定し、ミャンマーからの密輸品および密輸に使用したトラックなどを没収。密輸に関わった商人を逮捕している。この影響で、2018年10月1日から2019年2月15日までの4か月半の農産物の輸出額は、前年比で4億米ドル減少していることがわかった。

 中国側はミャンマーからの農産物の輸入を公式には認めていないため、中国側で開設したミャンマー人の銀行口座がたびたび凍結されている。

center_bn_premium

最新記事一覧