電力省大臣がティラワ経済特区の発電所を視察

【経済】 2019212

 電力省のウイン・カイン大臣一行がティラワ経済特区内に建設された発電所を視察した。国営新聞「Myanma Alinn」が伝えた。

 この発電所は、日本の円借款により1億2,600万米ドルを投じて建設されたもので、日立製のH-25型ガスタービン(出力2万5,000キロワット)および発電機2基により5万キロワットの発電能力...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧