ミャンマー国軍最高司令官、2008年憲法の改正を容認

【政治】 2019206

 国軍最高司令官のミン・アウン・フライン上級大将は1月31日、2008年憲法の改正を容認すると発言した。The Voice紙が伝えたもので、同上級大将は「憲法を改正することについて同意している。これは前政権のときから言っていることで、改正しないとは一度も言っていない。ただ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

center_bn_premium

最新記事一覧