長田広告がミャンマーに寄贈した小学校新校舎が完成

【プレスリリース】【企業】 2019201

 カチン州マヤン村バンカーヤン小学校(生徒数150人)で1月31日、新校舎の完成を祝う式典が行われた。この校舎は、長田広告株式会社(本社愛知県津島市、長田一郎代表取締役社長)の寄付によって建設されたもの。式典には、ミャンマー政府関係者をはじめ、日本ミャンマー協会の渡邉秀央会長らが出席、村人が総出での地元伝統のカチン・ダンスでの歓迎した。

長田広告は、2014年にNAGATA Myanmar Co.,Ltd.を設立、ミャンマーの郵便ポストを、広告を付けた日本式の郵便ポストに建て替える広告付きインフラ整備事業を展開しているほか、多くの仏教遺跡が残るバガンにおいて広告付きごみ箱や地図広告を設置するなど、広告付きインフラ整備事業を行ってきた。また、今般、学校校舎の寄贈をきっかけに学校内に協賛企業の広告スペース付きの掲示板を設置することを提案、全国に数万校ある公立学校や大学構内にも展開していく計画。同社は今後もミャンマー国民のためのインフラ整備を継続的に行う方針という。

150人の生徒に長田一郎社長より記念品として文房具が贈呈された(写真はすべて同社プレスリリースより)
center_bn_premium

最新記事一覧