中央銀行、民間銀行の住宅ローンに総量規制

【社会】【経済】 2019129

 ミャンマー中央銀行は1月16日、民間銀行が行う住宅ローンに関して総量規制を行うと発表した。The Voice紙が伝えたもので、発表によると、民間銀行が行っている返済期間が3年以上の長期住宅ローンについては、各民間銀行の総融資額の5%を超えてはならないと規制している。

 民間大手カンボーザ銀行の上級顧問は「中央銀行が長期住宅ローンを許可したときはこのような規制はなかった。5%を超えている場合は新規の融資ができない。一般の民間銀行は5%を超えていないだろうが、建設・住宅発展銀行(CHDB)は住宅ローンがメインなので問題になるだろう」とコメントした。

 中央銀行は2017年に3年以上の長期住宅ローンを許可した。返済利息は年利13%と定められている。

M-Tower

最新記事一覧