ヤンゴン管区交通当局、タクシーにLPG使用を検討

【社会】 2019123
ヤンゴン市内を走るタクシーは、日本車の中古車(右ハンドル)が多い

 ヤンゴン管区交通当局(YRTA)は、同管区内で運行するタクシーの燃料としてLPG(液化石油ガス)の使用を検討していることがわかった。7Day Daily紙が伝えた。

 YRTAの担当者は「ガソリンの価格が安定しないため、市民の生活に悪影響が出ている。タクシー運賃の安定のためにガソリンからLPGに変更するよう管区政府が検討している。管区内に十分な数のLPGスタンドを設置する」とコメントした。

 ミャンマーでは以前、CNG(圧縮天然ガス)仕様のタクシーが多く走行していたが、国内産天然ガスの供給が安定しないため、ガソリン車に移行した経緯がある。

M-Tower

最新記事一覧