2018年の海外労働者派遣実績は23万人

【社会】 2019123

昨年1年間の海外労働者派遣実績は、9か国・231,105人であったことがわかった。労働・入国管理・人口統計省が発表したもので、The Voice紙が伝えた。

渡航先と人数は以下のとおり。タイ:198,017人、マレーシア:21,846人、韓国:6,105人、日本:3,889人、シンガポール:504人、ヨルダン:450人、UAE:211人、カタール:80人、マカオ:3人。2017年は150,184人だった。

ミャンマー・ニンジー海外労働者派遣会社の担当者は「例年、タイやマレーシアが多いが、最近は日本が多くなったのが特徴だ」とコメントした。

M-Tower

最新記事一覧