外国漁船に対する漁業権付与に漁業協会が反対

【国際】【政治】【経済】 2019121

 農業・畜産水産・灌漑省、漁業指導局がミャンマー近海の排他的経済水域(EEZ)内で外国漁船に対して漁業権を与える方向で検討していたが、国内の漁業協会や専門家が反対していることがわかった。The Voice紙が伝えた。

 本件に関する会議が1月8日に行われ、ミャンマー近海漁業協会、農業・畜産水産・灌漑省傘下の漁業指導局、内務省、国防省、運輸・通信省、資源・環境保護省、計画・財務省、連邦法務長官府などの代表者、漁業専門家などが出...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧