濃霧でヤンゴン国際空港が5時間以上にわたり閉鎖

【社会】 2019117

 濃霧のためヤンゴン国際空港が5時間以上にわたり閉鎖されたことがわかった。7Day Daily紙が伝えた。

 空港を運営・管理するヤンゴン・エアロドロームによると、1月10日の午前3時から8時過ぎまでヤンゴン国際空港周辺に濃霧が立ち込めたため、離発着が不可能となった。そのため出発便が遅延し、到着便はネピドー国際空港またはタイのドンムアン空港、チェンマイ空港に着陸地が変更された。

 気象学者のトゥン・ルイン氏によると、ヤンゴン国際空港周辺の濃霧は、3月末まで起きやすいという。

M-Tower

最新記事一覧