1等賞金15億Ksの高額宝くじ、2月から販売開始

【ローカル】【社会】 2019115
ヤンゴン市内の宝くじ売り場

計画・財務省、国内税務管理局は1等賞金15億Ksの高額宝くじの販売を2月1日から開始し、3月1日に抽選会を行うと発表した。The Voice紙が伝えた。宝くじの販売価格は1枚あたり500Ksから1,000Ksと2倍に、最高賞金は10億Ksから15億Ksと1.5倍になる。

国内税務管理局の担当者は「当選本数を現在の10万本から20万本としたため、最高賞金は2倍にはしていない。多くの国民に宝くじに当たってほしいからだ」とコメントした。同局は2等以下の賞金と本数については販売枚数に応じて発表するとしている。

center_bn_premium

最新記事一覧