ミャンマー中部のザガイン管区に日本の協力でごみ焼却発電を建設へ

【社会】 2019109

 ミャンマー中部ザガイン管区モンユワ市内において、日本の協力によりごみ焼却発電所を建設する計画があることがわかった。7Day Daily紙が伝えた。

 ザガイン管区開発委員会のティッ・トゥー・ミィン局長によると、日本のフジタから派遣された技術者が12月23日に現地を視察した。日本政府の協力によりごみ焼却熱を利用した発電所を建設し、焼却後の副産物は肥料の生産に利用されるという。

 モンユワ市内では1日に130トン~150トンのゴミが出ており、ゴミ収集車27台、職員140人体制でゴミ収集作業を行っている。

center_bn_premium

最新記事一覧