ミャンマー国軍が少数民族武装勢力との停戦を表明

【国際】【政治】【社会】 20181226

 ミャンマー国軍のミン・アウン・フライン司令官は12月21日、2018年12月21日から2019年4月30日までの間、ミャンマー北東部において少数民族武装勢力に対する国軍による軍事行動を全面停止すると宣言した。

 これに対し、笹川陽平ミャンマー国民和解担当日本政府代表(日本財団会長)は以下の談話を発表した。

 「少数民族武装勢力との停戦合意はこれまでに10武装勢力との間で成立しているが、この日のミン・アウン・フライ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧