中国への日帰り出稼ぎ労働者が急増、1日に2万人規模に

【ローカル】【社会】 20181226

 ミャンマー・中国国境の町ムセなどから中国国内の都市や工業団地に日帰りで労働する出稼ぎ労働者が急増していることがわかった。The Voice紙が12月20日に伝えた。

 ミャンマー・中国人身売買撲滅委員会事務所によると、中国国内の製造工場、レストラン、市場、商店、農場、家事労働、建設現場などで日雇い労働者として働くために、1日あたり15,000人~20,000人のミャンマー人労働者が国境を通過しているという。日帰り労働者のほとんどはラカイン州とマグェー管区の出身で、ムセ市内にアパートを賃貸し中国政府...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

center_bn_premium

最新記事一覧