YBS導入の電子決済システム、連邦政府の許可待ち

【社会】 20181219

 ヤンゴン・バス・システム(YBS)に導入される電子カードと電子決済システム(YPS=ヤンゴン・ペイメント・システム)を実現するために必要な機器の輸入に関して、ミャンマー投資委員会の許可を待っている状態であることがわかった。The Voice紙が12月13日に伝えた。

 ヤンゴン管区政府、カレン民族問題担当のノーパン・ティンザー・ミョー大臣は「必要な機器を輸入するための許可を申請している。許可が下り次第、ヤンゴン市内バスに設置する」とコメントした。同システム導入の入札では、地場のアジア・スターマー・トランスポート・インテリジェントが落札している。ヤンゴン管区政府はミャンマー投資委員会の許可が下り次第、機器の設置を9か月以内に完了するよう同社と新たな契約書を結ぶとしている。

 ヤンゴン管区政府のピョー・ミン・ティン首相は、同システムを2018年1月に実現すると公約していたが、12月現在まで実施されていない。同システムの入札では当初Excel KC Myanmarが落札した。同社に台湾のAcerが 技術を提供し資本参加することになっていたが、基本同意書の調印の直前でAcerが辞退したため、公平を期するため入札審査委員会が失格とした。Excel KC Myanmarは応札の際、Acerを含む6社が190億Ksを投資すると発表していた。

center_bn_premium

最新記事一覧