ミャンマー商工会議所連盟会頭「アジア各国からの投資が急増する兆し」

【経済】 20181206

 ミャンマー商工会議所連盟(UMFCCI)のゾー・ミン・ウィン会頭は、アジア各国からの投資が急増する兆しがあると発言した。The Daily Eleven紙が伝えた。

 同会長は「日本、中国、韓国、タイ、香港から製造業やインフラへの投資が急増する兆しがある。投資意欲が非常に高まっている」とコメントした。同会長によると、欧米では、ドイツ企業が教育の分野に投資を希望している他は大きな動きはないという。

TCCI181214s

最新記事一覧