ミャンマー資源・環境保護省、個人に金採掘の事業権を付与

【政治】【経済】 20181206

 資源・環境保護省が、個人や小規模事業者に対して金採掘の事業権を与えていることが明らかになった。The Voice紙が伝えた。

 同省の発表によると、ザガイン管区とバゴー管区内で個人や小規模事業者に対して金の採掘権を先月から与えているという。採掘できるエリアとして個人には1エーカー、小規模事業者には4エーカーの土地を割り当てている。政府は2012年以降、新規の採掘ライセンスの交付を中止していたが、先月から再開した。国内には大規模な金採掘鉱区が5か所、小規模採掘鉱区が263か所あるが、金の産出量は国内需要を満たしていない。

center_bn_premium

最新記事一覧