ミャンマー新年度の1か月半でシンガポールの投資額がトップに

【経済】 20181203

 新会計年度が開始された2018年10月1日から11月16日までの1か月半で、シンガポールからの投資がもっとも多かったことがわかった。7Day Daily紙が伝えた。

 ミャンマー投資委員会の発表によると、1か月半の外国投資の総額は5億600万米ドルで、シンガポールがトップ、中国が2位となった...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧