中央銀行、ミャンマー国内での外貨使用に処罰を検討

【社会】【経済】 20181129

 ミャンマー中央銀行は、ミャンマー国内での米ドルなどの外貨の使用に関して、処罰する方向で検討していることがわかった。11月20日に行われた民族代表院の会議で議員の質問に答えたものを7Day Daily紙が伝えた。  ミャンマー中央銀行は、国内で外貨による取引をしないよう2015年に1回、2016年に1回、2018年に1回、通達を出しているが...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

TCCI181214

最新記事一覧