最貧国47か国中、ミャンマーが外国投資でトップに

【経済】 20181128

 国連が指定する最貧国(LDC)47か国中、2017年度の外国投資額はミャンマーがトップだったことがわかった。国連の報告書(United Nations Conference on Trade & Development)の内容をThe Daily Eleven紙が伝えた。

 報告書によると、2017年度のミャンマーへの外国投資額は43億米ドルで、前年度トップだったエチオピアを抜いてトップとなった。アジア諸国ではカンボジアが28億米ドル、バングラデシュが21億5千万米ドルだった。

 また、ミャンマーは2021年度以...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧