ミャンマーナショナル航空がATR機保守・管理のライセンス取得

【企業】【経済】 20181113

 ミャンマーナショナル航空(MNA)は、欧州航空安全機関(EASA)からATR機の整備・保守・管理を行うことができるライセンスを取得したことがわかった。ミャンマーナショナル航空の発表を国営新聞「Myanma Alinn」が伝えたもので、同社によると、フランスATR社の航空機7機を保有しており今後も増強するとしている。EASAは2015年から大規模な整備が行える整備場の建設を支援しており、10月28日にはライセンスの授与式が行われた。

 航空運輸管理局のウイン・カン次官は「これま...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧