米国大使館、ミャンマー外務省に対しイランから石油を輸入しないよう要求

【国際】【政治】【経済】 20181026

 在ミャンマー米国大使館がミャンマー外務省に対し、11月5日以降イランから石油を輸入しないよう要求したことがわかった。経済・貿易省のヤン・ナイン・トゥン次官の発表を7Day Daily紙が10月19日に伝えた。

 同次官は「米国大使館が外務省に対してイランから石油を輸入しないよう要求したため、外務省からその旨、連絡があった。省としての見解は控える...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧