ミャンマー農業ビジネス公社、ティラワ経済特区に肥料工場を開業

【経済】 20181017

 ミャンマー農業ビジネス公社(MAPCO)は10月10日、ティラワ経済特区内に肥料配合工場を開業した。オープン式典の模様を7Day Daily紙が10月11日に伝えた。

 同肥料配合工場の出資比率はMAPCO:40%、ドイツの化学品販売大手のBehn Meyer(BM):30%、三井物産:30%となっている。初期投資額は1千万ドルで、...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧