ベンガル湾上でサイクロンが発生へ、ミャンマー各地に影響も

【ローカル】【社会】 20181012

 ベンガル湾上に停滞している熱帯低気圧はまもなくサイクロンに発達し、ミャンマー各地に影響を及ぼすことがわかった。気象学者ドクター・トゥン・ルイン氏の発表を7Day Daily紙が10月10日に伝えた。

 同氏は「熱帯低気圧は12時間~24時間以内にサイクロンに発達する。強風が吹くミャンマー沿岸地域で特に警戒が必要だ」とコメントした。

 ミャンマー気象庁も同様の予報を発表し、10月9日から13日にかけてネピドー、ザガイン、マンダレー、マグェーの各管区とカチン、シャン、チン、ラカインの各州において大雨に警戒するよう呼びかけている。
 
 
(画像:気象衛星ひまわり8号より:2018/10/12 16:30 JST)

center_bn_premium

最新記事一覧