ミャンマー地場企業が中国と合弁で電気自動車をSKD生産へ

【経済】 20181004

 中国の自動車メーカーYue Diと地場のカイン・カイン・サンダ・モーターカーKsDは、合弁で電気自動車(EV)をヤンゴン管区内で組立生産することを明らかにした。両社の発表をThe Voice紙が9月27日に伝えた。  発表によると、電気自動車のバッテリー、ボディ、ガラス、部品などはすべて中国で生産し、ミャンマーで組み立てる。工場は、ヤンゴン管区シュエピーター工業団...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録(有料)してください。

TCCI181214s

最新記事一覧