金輸出入ワンストップセンターが開設、金業界が抗議

【経済】 2018926

 金の輸出入の手続きを受付けて許可を出し、関連サービスを提供する金輸出入ワンストップセンター(OSSC)が9月24日にオープンしたが、金業界から反対の声が上がっていることがわかった。ミャンマー金業協会の発表を7Day Daily紙が9月25日に伝えた。

 ワンストップセンターは、ヤンゴン管区政府が入札を行わず随意契約により、ある民間会社に委託し開設させたもの。ミャンマー金業協会は、民間会社が運営することを知らされていなかった。同協会のカリャー・ピィ・ウェー・リャン副会長は「その会社がどうやって権利を獲得したか知る必要がある。我々はその会社に輸出するごとにサービス料を支払わなければならない。会社は協会員の一部が私利私欲のために勝手に設立したもので、受け入れることはできない」とコメントした。

 ワンストップサービスセンターはヤンゴン市内人民公園のカルチャーバレー内に設置された。運営を任された会社のオウン・ミィン取締役は「我々は政府の仕事を支援するだけ。サービス料も少額だ。この事業のために2013年から準備してきた」とコメントした。

center_bn_premium

最新記事一覧